事業を承継させたいならM&Aで行なう|様々なメリットがある

男の人

手法別の特徴を知ること

メンズ

選ばれている手法を知ろう

一口にM&Aといっても、買い手と売り手の間には様々な手法が存在しています。それぞれの手法ごとに、異なるメリットがみられます。そのためどういった手法が人気なのか、情報を集めておきましょう。例えば手続きが簡単という理由から、株式譲渡によってM&Aを行うケースも多くあります。株式譲渡では、買い手側は、売り手の株式を現金で買い取ります。株を購入した買い手側にとっては、株を売った側の会社は子会社化される仕組みです。ほかにも、M&Aで事業譲渡を選ぶケースも増えてきます。事業譲渡では、買い手は売り手の事業を好きなように選択して購入できます。選択するという手間がかかってしまいますが、好きな業務だけ選べるのが最大のメリットです。

状況に合わせた対応力

株式譲渡や事業譲渡のようなM&Aの手法には、メリットもある一方で、債務に対する対応などのデメリットもみられます。そこで実際にM&Aを行うならば、負債対応まで含めて、どの手法を選択すればいいのか考えていきましょう。またM&Aの手法を考えるとき、負債だけではなく、どのくらいの現金が必要になるかもポイントの1つです。例えば新株発行という手法を選ぶのであれば、すべての株を取得するよりはお金がかかりません。M&Aを行う上での予算も存在しているので、そういった予算も考慮して、M&Aの手法を決めます。どの手法が適しているかは、負債対応から購入にかかる費用まで、様々な問題が絡みあっています。そのため1つの視点だけで判断せず、総合的に判断しましょう。