事業を承継させたいならM&Aで行なう|様々なメリットがある

男の人

経営支援で人気の方法

男性たち

中小企業を運営する経営者にとって、いかに会社を存続させるかは大きな課題です。一般的には身内や社内から後継者を選び、一定期間教育することになります。けれども人材育成は時間がかかりますし、良い経営者になるか不透明です。そこで増えているのが、M&Aによる事業売却です。これは買収とは異なり、株式を譲渡する形で経営権を売る形を取ります。煩雑な手続きが不要なのでメリットも多く、しかも経営者を選べるので安心して任せることができます。M&Aの方法としては会社の規模により手続きは異なりますが、中小企業の場合には仲介業者を利用します。事業内容により経営に適すると考えられる相手企業とのマッチングが行われます。未上場であれば株式の価格は話し合いで決められます。

M&Aによる事業譲渡は、売却金額をある程度自由に決めることができます。身内に売却するのでなければ、できる限り高い金額で譲渡したいものです。そこで企業価値を適正に判断できるスタッフがいる仲介業者を探すことになります。専門性の高いスタッフが担当することで、会社を高く評価してもらうメリットが生まれます。さらにM&Aによる承継ならば、社内環境も変わることなく従業員も安心できるメリットがあります。その結果業績にも影響が出ることもなく、企業価値を高く維持できます。それがさらなる高評価につながり条件の良い売却を可能とします。買収した会社としても、即戦力となる人材が揃っているので経営もやり易くなるメリットを享受できます。