事業を承継させたいならM&Aで行なう|様々なメリットがある

男の人

株式譲渡による事業承継

オフィス

事業承継の方法には、親族の後継者への承継や株式の上場、そしてM&Aなどがあります。後継者による承継にはいくつかの問題があります。まず経営のために必要な能力や知識を教育することができるかが課題となります。そしてそのためには時間もかかります。株式の上場もクリアすべき条件が多くあります。そのために、M&Aによる会社の譲渡という形を取る経営者が増えています。そのメリットとして、まず短期間で承継が完了することが挙げられます。買収する側としては、短期間で市場拡大が可能となるメリットがあります。新規参入する場合には、すぐにシェアを確保することができます。また適切な会社に譲渡することで、会社には成長機会が与えられます。

M&Aによる会社承継をすることで、会社そのものをそのままの形で譲渡することができます。会社と事業の経営方針や体制もそのままに受け渡すことが可能です。さらに会社の従業員や取引先、顧客なども全てそのままに引き継ぐことができるわけです。つまり従業員はそのまま雇用を維持されることになりますし、手掛ける商品やサービスはそのまま市場に提供できます。またオーナー社長にもM&Aによって得られるメリットがあります。それまで経営のために個人名義で会社の経営資金を借り入れている場合には、その負債からも解放されるのです。借入の保証人となっている場合にも、そのまま売却先の会社へと移ります。さらに株式を少し残すことで、経営にも関われるメリットもあります。