事業を承継させたいならM&Aで行なう|様々なメリットがある

複数の人
メンズ

手法別の特徴を知ること

M&Aでは、株を譲る株式譲渡や好きな事業だけを選ぶ事業譲渡といった手法が使われています。これらの手法には、それぞれ異なるメリットが存在しています。そこでM&Aを行うときには、状況に適した手法を選べるようにしましょう。

会社売却による事業承継

握手する人形

中小企業にとって、後継者の育成は頭の痛い問題です。けれどもオーナー社長はいつかは引退するので、どのように事業承継をすれば良いのか考えなければなりません。そこで多く取られている方法がM&Aによる会社の売却です。これは経営ノウハウに長けた他の経営者に会社を譲ることで、その運営を任せるものとなります。M&Aの中でも株式譲渡による形は、最も手間のかからない手段として人気があります。ただし注意が必要なのは、経営状態を全て開示しておくことです。簿外の赤字などが後で発覚した場合には、訴訟問題に発展する恐れがあるからです。会社の運営をそのまま任せることができるメリットはありますが、売却先に負担をかけるような負債がないのか、しっかりと調査しておく必要があります。

M&Aを行うことで、会社をそのまま残せるメリットは大きなものです。従業員も環境を変えることなく従来通りに働けることで、モチベーションも保たれます。決して売却で利益を求めることが目的ではありませんが、高い金額で株式を譲渡することもできます。そしてなによりも、会社が提供する商品やサービスを変わらず顧客へ届けることが可能です。社長にとって大事なことは、会社をいかに存続させるかということです。後継者を育てることは時間がかかるものです。たとえ素質があっても、運営を任せるまでに数年はかかります。M&Aならばすぐに経営陣を変えられるメリットがあります。それに加えて、よりセンスのある経営者に任せることで、さらに発展させることができるメリットもあります。

男性たち

経営支援で人気の方法

事業継承の形としてM&Aはいつかのメリットがあります。まず会社の組織や取引先との契約状態を維持したままに経営権を移転させることができます。そして会社組織が変わらないことで、従業員のモチベーションも高く保たれることになります。

オフィス

株式譲渡による事業承継

会社を維持するための方法として、他の会社に売却するM&Aがあります。株式を譲渡することで、会社をそのまま承継することができる手法です。そのメリットは会社の経営方針や抱える顧客、従業員の雇用もそのまま維持されることにあります。